スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとうスキン設定開始・・・だ.....

少しずつMMD方面も覚えつつ、Shadeでのボーン入れを開始です。


と、その前に・・・
さすがに裸はまずいので一応簡易水着被せました。

chara049.jpg

さぁこれで問題なく画像も載せられます



って事で、今回のジョイントはこんな感じ

chara050.jpg

まだ表情用ジョイントは無い基本的なものだけです。

このあと口・頬・目元の動きなど追加していくととんでもない数になっていくんですよね・・・orz
この基本形の調整がある程度終わってから追加する予定です。


ちなみにグレードがStandardになってエイムコンストレインツが使えるようになったので
視線の制御と脇腹の抑えに使います。

視線は回転ジョイント2つ(上下,左右)→直線ジョイント(距離)→ターゲット(左右)のようにして
IKで両目一緒に動くようにしてあります。(ターゲットを見るように…)

脇腹の方はどうしても鎖骨の位置に肩のジョイントを入れてしまうと胸や肋骨が外側に飛び出てしまうので
それを抑えるために 回転ジョイント(内側へ向くように)→直線ジョイント(脇を伸ばすため)→ターゲット
のようにしました。



ただ!今見てて気が付きました!!…このボールジョイント、私的にかなり痛い失敗しちゃってます・・・ さて、なんでしょう?




ボールジョイントを体の角度に合わせるように回転して置くのを忘れてました失敗…
(初期の状態のままになっちゃってます・・・orz忘れてた;)

ただ敢えてこのままにしておく方もいらっしゃいますのでどちらが良いとは言えませんが…


私の場合はまず大まかにIKでポーズをとらせた後にジョイント単位で微調整をするのですが
その時にボールジョイントの角度を合わせておくと都合が良いのです。


簡単に言うとマニピュレータの座標モードをローカルにすると
マニピュレータでの微調整が回転ジョイントのように扱えるからです。
(回転方向が関節の動きなどと合ってる)

という理由です。

特に指などでボールジョイント使う場合は合わせておくと
マニピュレータ操作だけで変な方向へねじ曲がったりせず簡単に握ったり出来るようになります。


そんなこんなで少し始めてしまっていたのですがスキンは最初からやり直しです・・・残念!






あっそれと肩幅がごつい場合を見掛けますが、

ポイントとしては(持論ですが…)腕をおろして体にくっつけた時に
1/4~1/3ほど脇にめり込んでしまうくらいにボーンを仕込むといい感じになります。

実際の人間の場合は腕が前後に潰れて脇にピッタリとくっつきますが…CGはそんな甘くは無いのでめり込みます…
衝突判定で変形してくれるような機能があれば別ですけどネ~

最近よく聞くソフトボディってこういうもの??  専門用語とか他のソフトの事とか全くわからん!


まぁ取り敢えずShadeにはそんなものが付きそうな気配すら無い!(笑
スポンサーサイト
プロフィール

ちょび助

Author:ちょび助
のほほ~んとShadeで3DCGやってます。
【他人様のデータはお借りしない】をモットーに必要なものは1から自作すると決めているが、、、正直限界を感じています(笑)

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。